寝ころびやすくリラックス時間に最適

座面が床から近くて座りやすい

一般的なソファーと比べて、ローソファーは座面から床までの高さが低くなるよう設計されています。その結果座面に腰かけた際の姿勢が低くなり、床に直接座った時の安心感と近いという点が特徴として挙げられます。古来より日本の住居には畳が採用され続け、床に座って生活する家庭がほとんどでした。西洋の建築方式や家具・インテリアが数多く取り入れられている現代においても、床に直接座ったり床に近い高さのソファーに座ったりすると安心するという方は少なくありません。 床から近いというローソファーの特徴は、小さなお子さんやペットと暮らしている家庭でも有利に働きます。背が低くても座りやすく、また万が一ソファーから転落した際も怪我をしにくいという点もメリットです。

空間を広く演出できリラックス効果が高まる

背の低い家具には、設置することで部屋を広く演出できるというメリットがあります。視界を遮るものが減り壁や空間に余白ができることで、部屋がすっきりしたように感じるという訳です。座面の低いローソファーにも同様の効果があり、設置することで手狭な部屋であっても余裕のある空間へと変身させられます。テーブルやチェストなど他の家具もローソファーと高さを揃えることで統一感が生まれ、空間の広がりを感じてよりリラックスできる部屋になるでしょう。

他にも直接ローソファーに座るのではなく、床に座ってソファーにもたれるという使い方もできます。寝転がれるほどの面積を持つローソファーを置くにはスペースが足りない、という方は直に座ったり背もたれとして利用したりという運用方法もおすすめです。

和室の雰囲気はそのままでソファーを置きたい場合には、畳にローソファーを置けば、ひと味違ったモダンな雰囲気を演出できます。洋室リビングとは違うくつろぎの空間が生まれます。